霧(きり)の摩(ま)周湖(しゅうこ)

布施明

きりにだかれてしずかにねむ

在霧裏被擁抱著 而沉靜地睡著

 

ほしえないみずうみにひとり

即使在看不見星星的湖邊 獨自一個人

 

ちぎれたあいおもさえも

連被撕成碎片的愛之回憶

 

うつさぬみずにあふれるなみだ

也溢流在映照不出之水裏的淚水

 

きりにあなたのなまえべば

在霧裏一呼喚妳的名字時

 

こだませつないましゅうこよる

回音令人痛苦的摩周湖夜晚

 

 

あなたがいればたのしいはずの

如果妳在的話 應該是會很開心的

 

たびじそらいてるきり

在旅程的天空也正在哭泣的霧裏

 

いつかあなたがはなしてくれた

不知何時妳才會跟我說話

 

きたのさいはてましゅうこよる

最北盡頭的摩周湖夜晚

 

作詞:水島哲 作曲:平尾昌晃

如任何問題.歡迎來信告知↓↓↓↓↓